表面プラス

リタールの拡張試験処理

表面保護プラスという拡張試験処理により、素材がシステムレベルで点検されます。つまり、各部品のみならず製品全体に対して、それぞれの導入において試験処理を行います。

  • 形状の影響に関して
  • 実際の試験方法で試験
  • 最適な素材の選択および組み合わせ
  • 腐食保護に対する試験処理(部品指向および構成指向)

例えば低合金における腐食率など、地元の環境条件による腐食性:

  平均腐食率(µm/年)
  北海 地中海 ペルシア湾
環境 50-70    
水が跳ね上がる地域 140 140 190
陸になったり水没したりする地域 80 50 50
干潮地域 210 160 130
常に海面下にある地域 30 40 40
海底 20    
  • 腐食保護用試験処理

    • EN、IEC、ASTMなど現行の規定に従って

    メリット:同じ規準、比較可能
    デメリット: 部品のみを指向(例えばプレートのみ)

  • 拡張試験処理(リタール)

    • システムレベルでの試験(個別部品のみならず製品全体)
    • 形状の影響を点検(エッジ、割れ目..)
    • 実際の点検方法で点検

    メリット:それぞれの導入において実践指向で最適の素材を選択・組み合わせ(コーティングされた鋼鉄、ステンレス、アルミニウム、亜鉛)

  • 構築上の腐食保護

    • 割れ目の回避およびブロッキング
    • 適切な素材のペアリング
    • 有機的コーティングも可能