IP保護等級

IEC 60 529 (EN 60 529) による保護等級

IP保護等級は、2桁のコード(識別番号)で示されます。

 

人体の接触および固形異物侵入に対する保護等級:第1識別番号

第1識別番号 分類 説明
1 直径 50mm 以上の固形異物の侵入に対する保護 直径 50mm の球状プローブの全体が侵入できないこと。1).
2 直径 12.5mm 以上の固形異物の侵入に対する保護 直径12.5 mm の球状プローブ全体が侵入できないこと。1).
関節のある試験フィンガーは 80 mm のその長さまで侵入することが許されるが、充分な間隔が保たれなければならない。
3 直径 2.5mm 以上の固形異物の侵入に対する保護 直径 2.5mm の球状プローブの全体が侵入できないこと。1).
4 直径 1.0mm 以上の固形異物の侵入に対する保護 直径 1.0mm の球状プローブの全体が侵入できないこと。1).
5 粉塵に対する保護 内部へのほこりの侵入を完全に防止するものではないが、正常な運転や安全性を阻害しない程度のほこりしか侵入しない。
6 完全防塵 20mbar の負圧において、ほこりがエンクロージャー内に侵入しない。

1) 球状プローブの全径がエンクロージャーの開口部を通過できないこと。

 

水の侵入に対する保護等級:第2識別番号

第2識別番号 分類 説明
1 水滴に対する保護 垂直に落ちる水滴が悪影響を与えない。
2 傾斜角 15°の落下水滴からの保護 落下する水滴が風などの影響で、垂直線より 15°傾いた方向よりエンクロージャーに当たっても水滴が侵入しない構造。
3 噴霧水に対する保護 垂直線から両サイドに 60°までの傾斜角度で飛散する水滴が侵入しない構造。
4 散水飛沫に対する保護 エンクロージャーに対して、あらゆる方向からの散水によっても悪影響を受けない構造。
5 放射水に対する保護 エンクロージャーに対して、あらゆる方向から放射する噴水が当たっても悪影響を受けない構造。
6 強い放射水に対する保護 エンクロージャーに対して、あらゆる方向から強く放射する水が当たっても悪影響を受けない構造。
7 一時的な浸水に対する保護 エンクロージャーが、規定の圧力およぴ時間条件の下で一時的に水に浸かった場合でも、悪影響を及ぼす量の水が侵入できない構造。
8 連続的な浸水に対する保護 製造者と使用者の間で取決めた条件に従って、エンクロージャーが連続的に浸水した場合、悪影響を及ぼす量の水が浸入してはならない。この条件については識別番号 7 についてのものより厳しい条件でなければならない。
9 高圧/ 蒸気噴射洗浄の水 エンクロージャーに対して、あらゆる方向から加圧されて噴射される水が当たっても悪影響を受けない構造。

保護等級の例、例えば IP 43:
第1 識別番号 = 4 :
直径 1.0mm 以上の固形物の侵入に対する保護
第2 識別番号 = 3 :
噴霧水に対する保護