リタールの環境保護の取り組み

2019-01-15. 現在稼働中のリタールのHaiger工場にある新しい塗装ラインは、外部の人がこの生産施設の存在に気づくことはほとんどないくらい、静寂かつ清浄に保たれています。これは、リタールが工場における環境保護とエネルギー効率に特に注力していることを示すほんの一例に過ぎません。

「Haiger工場は、間違いなく『グリーンファクトリー』と表現することができます。 我々は、あたかも健康関連施設(スパ)を建築するかのように、同等の環境への配慮を持って建築することが可能でした。」リタールの安全、エネルギー、環境、建設における責任者である Jörg Kühn氏は、ためらうことなく述べました。工場の環境保護とエネルギーの概念形成に尽力した彼は、さらにその特殊性について語りました。

彼は新工場の特殊性の一例として、工場における重要な要素の一つである新しい塗装ラインを取り上げました。 Haiger工場で作られたエンクロージャーは、この塗装ラインにより、必要な保護外殻を与えられます。車の塗装を想像してみてください。この外殻におかげで、エンクロージャーは、汚れ、風、そしてどんな天候にも耐えることができます。しかし、これが環境保護とどのように関係しているのでしょうか。「塗装工程で発生する廃熱は、例えば、構造部品の脱脂工程や製造施設の暖房用など、工場内の別の場所で有効活用されます。」と Kühn氏は述べます。実際には非常に単純ですが、当たり前にできるわけではありません。

Haiger工場では、水資源の消費も非常に効率的です。作業工程で使用された水は、循環システムにより浄化、再循環されます。 「ハイテク産業と環境保護は互いに両立不可能なわけではありません」 と、Jörg Kühn氏はこの循環システムを評して、述べています。法的な要件を遵守するのみならず、自らさらに数歩進んだ環境保護に取り組んでいます。 「なぜなら、人は、やらなければいけないこと以上のことができるのだから。」と、専門家は強調し、持続可能な環境管理への意識を高めることがいかに重要であるかを指摘しています。

最先端技術が産業界で役立つのは、喜ばしいことです。